もろてん。

メルボルン在住14年。オーストラリア人の夫、3歳の娘一人と黒猫一匹のどたばた日々の暮らしで思った事や料理の事を綴ります。メルボルンの生活情報や節約術も。

XMRI0150a
先日、久々にSTAFFランチの日に仕事に入れたので、
誰かの作った美味しいごはんが味わえました。

ここ数年は本当、持ち寄りやディナーパーティーも
前ほどしなくなったし、作る側ばっかりなので誰かが
作ってくれるご飯にとても飢えている。。。

人が作ってくれたご飯食べると、
本当に元気が出るというか、やってみよう、作ってみようと
思えるんですよね、まじで。。。 

XDVN9990a
で、先日は二種類のカレーとサラダでした。
マルタ/オーストラリア人、スリランカ/タミル人との二人のコラボ。
めさうま!!!!しかも上のやつはレンティルたっぷり!塩気聞いててうまい!
下のやつはキャベツとかカリフラワーが入っていて、
キャベツのカレーかーーー!!と開眼でした。
このキャベツのやつはカールトンにある旨いインド屋で
買ってきたらしいけどね。どこなのか今度聞いとこう。

その週に仕入れられた白きゅうりもサラダに使われ、
初めて食べたけど、皮が固くてそんなに美味しいと思わなかったな。
アップルキューカンバーやレモンキューカンバーも食べたけど、
フ~ン。で終わったし、やっぱりカーリーのやつが一番青臭くて、
日本のきゅうりに似てると思います。

ピクルス用のガーキン?ガーコン?も買えることだし、またぬか漬け
初めてみようと思います! この↑の時からつい最近まで、ぬか床9年越しで
持っていたんだけど、とうとう使わなくなって捨ててしまったけど、
日本人にはやっぱり味噌汁+ぬか漬けの組み合わせが最強だ。と聞いて、
またぬか床やるどー!と意気込んでいます。 

きゅうりの話から、飛んでしまった。(;´∀`)
ceresfairfood
この写真をインスタに挙げたら、ceresfairfoodのインスタに
取り上げられて嬉しかったーーー♡♡ 

IMG_9858a
去年末の時はマレーシアの子が作ってくれた
豆腐キムチチゲみたいなものだった。
キムチは彼女お手製で、豆腐も美味しい木綿で、
ホールサムでした! 

季節の野菜を使ったベジSTAFF飯、最強♡

 

elvis

バナナを縦半分に切って、ピーナッツバターと
メイプルシロップを少量かけました。が、おやつ。
ルーは例のホットチョコレートと。わいは普通にミルクティ。

このバナナとピーナッツバターの組み合わせは
かのエルビス・プレスリーが愛したもので、
ピーナッツバターの食べ過ぎでエルビス、あんなに太ってしまった、という
曰く付きのおやつなのだそうで、英語圏ではこの
バナナ+ピーナッツバターの組み合わせをエルビス、と呼ぶことが多いです。

硬いバナナよりスイートスポット(茶色い斑点)が
出てきはじめた、少しやわらかいバナナの方が美味しいです。
ピーナッツバターのねちょ====と、バナナのねっとりが
すっごい美味しいです。

基本うちで買うピーナッツバターは無糖のものです。

>アリサン ピーナッツバター スムース 454g【有機JAS オーガニック】【無塩 無糖 無添加 濃厚 】

価格:1,404円
(2017/3/22 14:52時点)
感想(0件)


こういうの。本当はヘルスフードショップで
ピーナッツを潰して作れる新鮮なピーナッツバターが
好きなんですが、ジャーのものでスーパーで買えるやつでも
Mayversのやつは美味しいです。塩味もする感じがする。
mayversa
ピーナッツバターも豪→日本へのお土産にいいかもしれませんね。
日本だと値段が高そうだし。

しかし、こちらではピーナッツアレルギーの子供達が本当に多くて、
ピーナッツに限らず、教育機関等へのナッツ(全般)の
持ち込みは基本、禁止です。


幸にもルーはナッツのアレルギーがないので、
久々にピーナッツバターを買ったのですが、
ピーナッツバターのおやつは、腹持ちがよく、
身体に良い脂肪なので、たまにの、おやつに良さそうです。 

>【特別栽培米】新米京都丹後ミルキークイーン白米10kg【28年産】

価格:4,680円
(2017/3/21 14:42時点)
感想(321件)


sobu2さんのところで、ミルキークイーンというお米を
大絶賛されているのを見て、どんなお米なんだろう?と
興味津々に思っていたところ、日本に帰った時に行ったお店で
あったので2kgほど試しに買ってみました。

実家ではまず試してみたことのないお米だったから、
ちょっとドキドキ。日本のお米。

米のつやつや感が全然違って驚いた!
しかもsobu2さんが言ってはったように、
次の日の冷ご飯でもおにぎりしても美味しい♡
写真ではわかりにくいかもしれないが。(;・∀・)
IMG_2108a
わー日本のお米よ、やっぱり凄いわ!!!
そう言わざるを得ませんでした。
豪州産コシヒカリなんて、屁ですね、やっぱり。チ~ン。

この日の三色丼の具は、甘辛く炒めたターキー(七面鳥)、
卵、ツルムラサキの胡麻和え
。とちょっと異色の3つをご用意。笑

ターキーは低カロリー、高タンパクでスーが現在挑戦中の
12週間チャレンジプログラムのオススメ食材に入っていたもので、
イントラが演じる栄養学の食事準備編のビデオをわざわざ見せてきて、
ターキーを食べてみたそうだったので、買ってみました。

ま、あっさりしとるわな。という味わい。
ちなみにターキーに的わりついてる黒い物体は、
マッシュルームをFPでがーっとしたもの。

昔はマッシュルームやら、きのこ好きやったルーなのに、
最近は好き嫌いが激しいので、思いっきり細かく粉砕してみました。
黒ゴマをスリスリをよくかけているので、
見た目の違和感が全くなかったみたいで、気付かずに食べてました。
しめしめ。とにかく粉砕チームにしないと緑野菜、食べないっぽい。はぁー。

ツルムラサキは葉っぱ切りっぱなしの新鮮な量り売りのものが、
近所の八百屋に出ていたので、大人用に買いました。
鉄分豊富で身体にとてもいいらしいのですよ、ツルムラサキは。
あの土臭い感じのするものって、基本血になるっぽいよね。
ビーツも同じような土臭さがするもの。

茹でて、さくさく刻んでポン酢と共に胡麻和えに。
ネバネバがムチン一杯で元気になりそう。

スーは卵を食べないので、コーンで代用しました。
普通に卵食べる人やったら、究極の血となれ、肉となれーの
プロテインミールだったのにね、ミルキークイーンも美味しいし。

また帰ったら買いたいほど、ミルキークイーン好きになったのでした。
2kgしか買ってこなかったのが、悔やまれます。(´;ω;`)
 

ONWI1091a
同僚のラックスが近所に引っ越してきた。
近所といってもまー隣の区、のような感じで、
車で5分ほどのところ。

彼は23歳のスリランカ/タミル人の
年若い子で、少し照れたような笑顔がチャームポイントだ。

先日、近所の好で一緒に車でリフトしてくれた(乗せてもらった)。
車内で色々話せたので、誰かと一緒の通勤も悪くないな、と思う。

ラックスは日銭稼ぎとして、Uberドライバーもしてみたらしいが、
稼ぎの25%を持って行かれてしまうので、わりが合わん。と
辞めるのだそうだけれど、今後空港に行く時とかに
頼みたいと思う。(もちろんお金を払って)

そしてこの乗せて貰った日の運賃として、その分を
少しでもガソリンの足しにしてもらおうと思って、
「おはよう!先週はありがとう!めっさ助かった。これ。」と
$5 渡そうとしたら、「いらんわーーー!!!」と断じて
受け取ってくれようとしない。

わい的には、毎年値段を釣り上げやがるMetroにより、
近くにいる人に払いたいのだ。お金を!!!

朝から、大阪のおばはんお会計劇を2,3分してしまった。笑
いらんーってーもぅー、いやあかんってーーーーー。
そんなんまた頼まれへんやんーーーー、いやーいらんってーーーーもぅー。(永遠と続く)
うら若き男子と、こんなやり取りをするとは思ってもいなかったが、
彼なりの善意/男前度をありがたく頂戴することにしておいた。

16歳の時に、独り身でスリランカから難民としてやってきて、
ディテンションセンター(難民収容所)に入って数年過ごしたラックス。
大変やったやろうなーーーー。。。そこを出てからは、つてを頼って、
シドニーに行ったり、色んな仕事をしてきたが、車内で話しを聞く分には、
苦労を色々してきたらしい。

典型的なオージーの23歳のような軽さがラックスにはないので、
その苦労は相当なものだったと思う。

車内で「後もう一つぐらい仕事を探さないとね。」 と話していた。
若い+新天地での生活が災いして、 少し前に働いていたところが、
お給料の税金を引いていなかったため、金銭トラブルが勃発しているらしく、
頭が痛いわ。と話していた。

自分も一度、不条理に首にされたり、最低賃金下回る給料で
ジャパレスで雇われたりした経験もあるので、気持ちは痛いほどわかる。
下を見て搾取してくる雇用主、最低だと思う。
OMIX3541a
行き場を失ってしまった、この日渡せなかった$5はラックス貯金として、
積み立てていくことにした。これから職場も
新しい場所に移る予定で、朝はラックスにカープールを
してもらえるかもしれないので、その乗せてもらった分は
積みたてて行っておこう。

両親が取り決めた(タミルの文化的なもの)婚約者も、
数年後に将来いつか自分のビジネスを持ってそれが安定したら、
呼び寄せたいと言っていた。

その時までお互い今の職場にいるのかは分からないが、
そのめでたい日が来たら、祝言として渡してあげたい。
それかどちらかが去る時に渡そうと思う。 

 

↑このページのトップヘ