もろてん。

国際結婚17年|豪夫、娘2013年誕生|メルボルンでの暮らし|カフェ、メルボルン情報|料理|自然|キャンプ|オーガニック|野菜料理

2016年09月


english



英語もどんどん進化をしていて、日本語と同じく
流行語大賞までは行かなくとも、その時に
流行る言葉がある気がします。

こないだ、おぉ!なるほどな!と思ったのが、YIMBY。
NIMBYの反対語です。

YIMBY(インビー): Yes! In My Back Yard(うちの裏庭へどうぞ。)
NIMBY (ニンビー):  Not In My Back Yard (うちの裏庭にはいりません。)

例えば近所に新しいゴミの埋立地や高圧電線、
埋め立てて空港ができるとかの時はNIMBY達がぞくぞく集結してきます。
そして、ラジオ等のリスナーからの電話ディベートでの話題になったりする時に、
よく耳にします。

でもまーそりゃーそうだよね、誰も自分の裏がゴミの埋立地とか
危険な高圧電線があるとか、そういうのはたまったもんじゃない。
でもさーーーいるんだよーーーこの地域には。じゃーどこに建てるのさー?って
感じの会話の時によく使う英語です。

YIMBYはじゃー、裏庭に何が来て欲しいの?という問いに対しては
クリーンエネルギーを使った集合住宅や、タービン等、
そういう感じのものをYIMBYは欲しいみたいです。
わいも欲しいわ。ソーラーパネル+家の蓄電池とか、そういうの。笑

envelop


他にもマーケティングを生業にしている人達等にも
言語の流行り廃りもあって、ちょっと前までは
日本語でもよく聞いたと思いますが、
ユビキタスとかそういうのがありました。

SATCにも多大な影響を受けて、サマンサが言ってた、
Fabulous!とかもすっかりお蔵入りして死語化したっぽいです。

ビジネス用のEメールとかでも、書き出しの流行り廃り等もあって、
見ていたら時代の変化と共についてくる英語があって、なかなか面白いものです。



最近ではよくConfluenceというのをニュース等でよく聞きます。
Influenceとはまた違うのか?とスーに聞くと、influenceは一方的に
影響を受けるのに対し、confluenceは相互作用がもう少しあるニュアンスに
なるのだそうです。なーるほど。

新しい単語を聞くと、出た出た。きたきた。
と少しうれしくなりますが、わいらが中学の頃に使っていた英語の
教科書だけの英語なんかだと死んでる言語でしたね、今思えば。
一々和訳してからまた英訳したりして、訳わからんね。
余計こんがらがるやん。

英語の授業、特に文法は超苦手で、今でも日本語で、
代名詞とか副詞の何々とか言われても、は?なにそれ?と
かなり受験勉強や英語の色んな資格取得のコツ勉強法からは
逸脱してしまっていたわいですが、
ブリスベンで英語を英語で勉強していた時は、あーそういうことかー。と
合点がいった時とかもあったりして、面白かったのを覚えています。
やっぱり英語を話す人に英語を教えてもらったら、回りくどくなくてよかった。

逆に、文法問題等で「あの副詞の後はこの単語しかないねん。」って妹に言われた時、
へーーーーそうなんやーーーー。と感動した覚えがあります。
「そんなんひっかけ問題やから当たり前やで。」と。
これは一体、何の勉強をしているのか。。。と思った事もありました。

今でもレポートとかを書くのは超苦手、でも上を見出したらきりはなく、
英語はあくまでも自分の第二言語で、人とコミュニケーションを
円滑に取るツールなのだ。という大らかな気持ちで構えています。

なので、ここだ。と思う終わりがないと思うので生涯学習として
多分死ぬまで気になった言葉が出てきたら調べてみたり
するんだと思います。(・∀・)つ

多分、ルーに何それ?って聞いてる自分がいると思うわ〜。
でも実際問題、自分の英語って今どんなレベルなんかっていうんを
知るのにちょっとTOIECとかやってみたいと思うね。笑

 

18 pm

ジロングのCBDはメルボルンのより狭いので、
余裕で歩いてぐるぐる回れる街です。

2010年にユンがまだメルボルンにいた昔、
ユンとも歩いて回りました。
この時は国立ウールミュージアムをメインに行ったんだっけなー、
懐かしい。

❏ ユンと一緒に。ホリデー 

スーが一時期、ジロングで働いていた事があったので、
その際にローカル達色んなところに連れて行って
もらったぽいですけどね。それでもやっぱり
メルボルンと比べたら、それなり。という感じですね。

でも日本人の旅行者的には古き良き、オーストラリアっぽさが
残る街という感じで反対にメルボルンより新鮮かもしれない。
わいは昔ユンと行った時そう感じました。^^

カフェに入った時も、(あのハミングバード食べたカフェね。笑)
普通のスピードで注文したのにもかかわらず、
超ゆっくり(おたく英語わからないやろ?)的なニュアンスで
「so....... do.... you... want to......」と話された事など、
懐かしくて、今ではわいの中のめっさいいネタに変化を遂げております。笑

メルボルンの周りのオージーメイツに言うと「あり得ない。。。ジロング。」と
大受けネタで、つかみはばっちりです!笑
それぐらいアジア慣れをしていなかった街、といった印象でした。
6年前は。今は変わってきてるんでしょうかね。

pakolilmalop

で、ローカル的にイケてるという場所はPakington St。
通称パコー(Pako)と呼ばれています。わいはまだ行ったことないのだけれど、
ジロングローカルの人達はこのパコ辺りのカフェがお勧めらしいです。
 
地図で見ると、駅の左側。海から離れた方面です。

後は個人的にはユンとウロウロしていた時にもこの辺が一番良さ気だね、
と言っていたLittle Malop st。駅を挟んで右側、公園を通り抜けてすぐ。

最近、その辺りも進化を遂げていて、アートギャラリーの近くだし、
そういうニーズもあるのか、TOMODACHIという日本食屋が出来ていました。

が!刺し身弁当みたいなのが食べたくて期待して行ったのに、
夜だけにしか刺し身とか寿司がサーブされないようなので、
ランチ利用の弁当だと超がっかりでした。
日本人的には全くあり得ない組み合わせとか、そういうの。

例えば醤油味の下味ついた唐揚げにとんかつソースかけて、
七味とマヨもかけちゃったわ的なやつ。(´;ω;`)
何でもお好み焼き仕様にしたらウケると思ったら大間違いやで。っていう。
て、まージロングでしっかりした日本食を期待するのが間違いですね。 

反省。。。

何回か用事でジロングに来ている友達に言うと、ショッピングセンター内にある
Hi Sushi (そのネーミングもいかがと思うが)の方がまだマシだったね、との事でした。

でもそのTOMODACHIの前に、マレーシアン麺処みたいな感じのお店があって、
その角にちょっとヒップスターっぽいコーヒー屋があったので、
そこに行ってみようかって話してました。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ


59 pm

スクールホリデー、何しよう???ってなりますよね。
春休みももうすぐ終わりのメルボルンです。

一ヶ月ぐらい前の話ですけど、ルーがずーーーーーっと
パープルトレイン(パープルレインか!って
毎回思ってしまうのですが。(*_*;)に乗りたいーーと言っていて、
そのパープルトレインにやっと乗りました。そう、Vlineです。

えー。チケット買うの面倒くね?って言う人、いやいや、古い古い!
滞在長すぎ!笑 最近はマイキでピっ!で、スイスイです!!!

今回はトーキーに住んでいる友達と中間地点で会うって事もあって
ジロングへ行きました。トーキーとジロングだと車で
20分ぐらいなんですね。意外に近い!

メルボルンCBDからだと1時間ほどでしょうか。たまにはちょっと
違った場所へ行くのも良さそう。

40 am

↑の一覧表を見ても分かるように、電車でも車でもバスでも
おおよそ1時間なんですよね。ガンホーな運転上手い人なら、
ちゃーっと高速110km飛ばして行った方が早いのかもしれないですが、
わいは結構のーんびり道中行きたいタイプ。笑

みなさんご存知だと思いますが、わいは免許なし暮らしの方が長いですから、
あの集中しなくていい頭の展開度だったら、同じ所要時間なら
電車でもいいかなーって感じです。

しかもオフピークだったら、街に出るより安いんです!
年々ちびちび上がる公共交通料金。。。こんにゃろ。
2016年の今現在は街に出るのに(一日)$7.80かかるところ、
Vlineオフピークだと$6ちょっと!!!

距離的にはCBDから72kmもあるので、
お得感モリモリです!!笑 だって、大阪ー京都間も60kmほどだし?


Peak/Off-Peak ticket conditions

Off-Peak Single and Off-Peak Day Return tickets are not valid for travel on weekday services scheduled to arrive at Southern Cross, Flinders Street, Richmond or North Melbourne stations before 9am, or services scheduled to leave Melbourne between 4pm and 6pm.

On weekends and public holidays, Full Fare and Concession Off-Peak tickets can be used.

If you buy off-peak tickets and are travelling on a peak service, you can buy an Off-Peak to Peak Upgrade - Single Trip.


PTサイトによると基本9時以降ならオフピークのようですね。
朝も7時15分前にタッチオフだとアーリーバードで無料です。
こういうお得な電車は使いまくった方がいいです。笑

あとがき)29/09/16
少し誤解が生まれる書き方だったかもしれないです。
アーリーバードの話は、普通のメルボルンのPT情報です。
Vlineのアーリーバードはあるのか、確認しておりません。あしからず。


Vlineだと超ゆったりシートに座って、一両ほぼ貸切状態、
おまけにトイレも付いているので、子供連れでも安心です!!!


 

道中、今のシーズンは菜の花満開で綺麗です。
一面黄色!!!^^ 



ルーは来年からスクールホリデーが始まるので、
今から少しドキドキですが、多分あんまり今と変わらないかな。
自分なりの考えで、1歳ぐらいの時から課外授業として周辺地域だけじゃなくて、
色んなところに連れて出掛けるようにしています。

車だけでのショッピングセンターへの移動とかじゃなくて、
社会って本来はこんなだよ、て見せるために、わざわざトラムや
バス、電車で出掛けたり。あんな景色があるね、こんなん見えるね。とか
会話も弾みます。

そして電車乗る時は、時間とか大人の都合とかは気にしない。笑
今日は一日ガッツリとルーとの時間っていう感じで遠足気分で
出かけるようにすると、「早よしなさい。」って言わなくてもいいし、
自分もイライラしないから。

そんな街での場面で、譲り合いだとか、あの人、どうしたの?とか、
学ぶ事がたくさんあると思うんですよね。

春になってきて、数にも興味が出てきたっぽいので、
スクホリが終わったら(笑 近々ビクトリアマーケットへ連れていくつもり。
人参3本ぐらい買ってみようか、とかそういう事してみようかな。
バター(出た!笑)250g買おうか、とか。


 
ちなみに、メルボルンと比べると、わい的にはふ~ん。ですが、
ジロングにも一応ローカル達は「イケてる」と呼ぶエリアがあって、笑
【後編】で紹介したいと思います。


  にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

IMG_9258a

コーンも段々安くなってきて、よく食卓に上ります。
が、ちょっと茹でコーンも飽きてきたので、
お家居酒屋メニューでバターコーンを作りました。

作りました、っていうてもコブから削いだ粒を
しゃーっとバターで炒めて、醤油をちょろっとジャっとしただけ。
うんめーーーー。

ベトナムのビアホイ(路上ビアガーデン)には、このコーンの粒の
フライがあるそうで、めっさビールと合うんだそうで、
食べてみたいーーーとずーーーーっと夢見続けています。 
メルボルンでもフッツクレイ辺りとかで、誰かビアホイやればいいのになーーーー。
巻き貝とか食べながら、コーンのフライ摘んでとか最高ーー♡

IMG_9259a

禁断のコンビを発見。。。
アボカド+バター。。。
カロリーは気にしないっっ!

めっさ美味しいです、この濃厚感。
生きててよかったよな。。。と脳内革命です。本当。

オーストラリアのバターは安くて、美味しい。
酪農王国だけはあります。アボカドも豪州産だし、
究極のアボカドサンドかなー、これは。



 

IMG_9286a

去年に二本あった内の1本のリンゴの木を枯らしてしまって、
今年はもう春が来ちゃったし、あーもう無理かなーーーなんて
諦めていました。ちなみにりんごは受粉を上手くさせるために
少なくとも違う種類の二本のりんごの木があるのが好ましいとされています。


先週、仕事の帰り道にCERESのナーサリーを見てみても、
さすがにベアルート(根だけ)のリンゴはもう終わっていたので、
自分の中では、今年は木の成長だけを目的にして、りんごの実は
来年の冬だな、と諦めていました。

そしたら何故かここ数日スーが超、庭やる気モードが入ったらしく、
「リンゴなんでもう一本、買わへんの??」としつこい
ぐらい言ってくるので、「もう今年は諦めてんねん!」と言ったのですが、
なんとな〜く、昨日は天気もよかったし、ぶらーっとDigger'sのセントアースの方
行ってみようか。とふと思ったので、急遽行くことにしました。

IMG_9287a

そしたら、シーズン終わりながらに何種類かりんごの苗木が残っていました。
今家にあるのはフジで、その受粉用によいのがクリブ(いわゆる©ピンクレディ)、
グラニースミス等なのですが、もうシーズン終わりでもちろんなく、
スタッフの人に聞いてみたら、スノーという品種も行けるみたいよ。との
アドバイスでスノーを買ってみました。

Snow。。。なんて、ゲーム・オブ・スローンズみたいやな。
John Snow.... 笑 苗木がスノーってちょっと可愛いよなーと思いつつ、
ヘルボレス(クリスマスローズ)の八重の紫のやつも
シーズン終わりでセールだったので、ウハウハ♡でした。
一鉢買ってみました。

元々このDigger'sを知ったのが、パーマーカルチャー系の人達から聞いて、
たくさんの種類のハーブの苗や、種等が売っていて、山椒やヤーコン等、
レアなものもここで見つけたりして、パーミー(パーマカルチャー実践者)には
人気のナーサリーです。

39 pm

そして家に帰って一服しながら、メールチェックしてみたら、
パーマカルチャー創設者である、↑ビル・モリソンが前日に
お亡くなりになった、というメールを受診。(´;ω;`)

自然農法の福岡正信翁にも多大な影響を受けて、独自にオーストラリアで
デービットホルムグレンとタッグを組んで発展させていったパーマカルチャー。
近代農法の内の一つで、世界的にも様々な拡がりを見せています。
最近だとディプロマも取れたりするのかな、確か。

わいは家庭菜園に興味を持ち始めた2003年頃に
パーマーカルチャーから入ったのですが、本来なら福岡さんの
自然農法の方が先に存在していたようですね。ザ・ジャパン!よっ!!^^

うちのおとんも数年前、福岡翁にハマって、「youtubeのビデオばっかり
見てはるわ。」とおかんから聞いていました。おとんも自然農法を
この人から独学で勉強し、今週末農園で実践しています。親子ほんま同じ街道を
行っています。笑

2016092408300000a

先日は黒豆枝豆が一杯採れたそうで、家の前で無人販売。笑

日本の自然農法、砂漠化対策等を70年代頃から初めていて、
世界的にも環境を勉強している人には意外に知っている人が多く、
日本人で、このわら一本...読んでない、というと、
「えーーーーーーーーー!??!日本人なのにーーー?」と
逆に驚かれる事が多かったりするほどです。
   

自然農法わら一本の革命新版 [ 福岡正信 ] 

価格:1,296円
(2016/9/26 14:30時点)
感想(22件)


そんなんで、ずーっと読まなきゃ、読まなきゃと思ってて、
しかも友達から借りていて、今本棚に入っているのに、
何故か他の借りている本から読了していっていますが、
なんか感じるものがありますね。。。今、読むいい機会なのかも。

タスマニアで生活をしていたビル・モリソン。
ご家族はみなさんにビルのメモリーで木を植えてください。
おっしゃっていたそうで。さすがだなー。
この日、こうしてりんごの苗木と巡り合ったのも何かのご縁を感じました。

虫の知らせだったのかな。。。
大事に育てなきゃ。スノー。

RIPビル・モリソン。
偉大なるパーマカルチャーの父!
 

↑このページのトップヘ