もろてん。

国際結婚17年|豪夫、娘2013年誕生|メルボルンでの暮らし|カフェ、メルボルン情報|料理|自然|キャンプ|オーガニック|野菜料理

カテゴリ: アート

IMG_9533a

パジャマで失礼!笑

細かいものを【つまむ】というのは、脳みそにはとてもよい、と
聞いてこれは是非ともルーにやらせたい。しかし、自分もやりたい。と
思っていたアイロンビーズを数年前にIKEAで買っていました。

【IKEAイケア】PYSSLAアイロンビーズ 約700g

価格:1,679円
(2016/11/10 18:37時点)
感想(4件)


こんな風に大量に混ざって売っているので、色分けするのが
少し大変でしたが、なんとか半分ほどは去年ぐらいに分けて、
つい最近ようやく日の目を見ることになりました。

しかしまだ少し難しそうで、穴に入らないとイラっとしている様子ですが、
出来たら出来たでとても嬉しそうなので、
根気よくイラッとされながらも一緒にやってみよう。

雨の日のアクティビティには最適です。

<ボーネルンド>ハマビーズ基本セット(10000ピース)

価格:2,160円
(2016/11/10 18:36時点)
感想(6件)


元々、このアイロンビーズのオリジナルはデンマークの
マルタハニング社が作ったハマビーズが元祖です。

ちょっとマインドクラフト的なピクセルアートが好きで
わいも数年前から何か可愛い図案はないかなーと、
色々ピンタレストにいいのを見かけたら保存してありました。


hamasho


ハマビーズだとIKEA物より原色だけじゃなくて、
わい好みなグレーとか、茶色があるっぽいのかな。
その辺はもう少し落ち着いたトーンがあると、もっと色々
大人風な感じのデザインができそうでいいんだけどな。

ま、IKEAのものを全部使い切ってから、考えることにしようと思います。
んーでもやっぱグレー欲しいな。笑 (黄色に続き、好物色)

IMG_9621a

ルーは今回初めての挑戦で、くっつけられるほどの
構図はできなかったので、この小さいサイケなマルを一緒に
仕上げました。

なかなかこちらの人受けしそうな色合いなので、
これをもう少し発展させて、ブローチの留め具を
取り付けてみようと思っています。

一部分だけ埋めちゃわないで、サルカンかまして
キーホルダーにもできそうな感じ。

パーラービーズ 17501 筒入り11000p 大容量タイプ (11,000ピース入) アイロンビーズ 知育玩具 

価格:1,445円
(2016/11/10 18:33時点)
感想(117件)



他にもアイロンビーズという名前で出ているものもあるようです。

実際に色々使い分けた事のある人から話を聞くと、
ハマビーズはアイロンでくっつきやすいらしいです。
その辺はさすが40年作ってるだけありますね、ハマ!^^

 

IMG_9251a

歳を重ねるにつれて、決まったルーチンを行うようになる、と言います。
下手したら毎日同じルーチンが心地よいと思うようになってきて、、、、
まーでもちょっとこれは極端な話で、そうなるのには、もう少し先の
話しになるかもしれません。

いや、でも明日には何があるのが分からないのが昨今のご時世。
少しずつそんな日に備えて、頭を柔軟にさせておくためにも、
通勤路を色々変えたりして、新鮮な感覚を持つ喜びを忘れないように
脳トレしています。

物事やアイデア、アートのインスピレーションってやっぱり新しい場面を見た時に、
ふぁさーーーーー!!っと降りてくることが多いので、わいにとっては、
知らない道を歩いてい見る、という事だけでも結構なリフレッシュ感があるものです。

IMG_9246a

この日は雨上がりの日で石畳のLanewayと呼ばれるような
路地裏を歩いてみました。1ヶ月前だったらまだまだ真っ暗な時間帯だったので、
避けて通っていましたが、春の到来でこの道も明るいし、バッチシ!

苔生す感じと、このトタンのコントラストがすごい好きです。

IMG_9243a

抽象画(アブストラクト・ペインティング)みたいなトタンが好物です。笑
なので、こういうのがたくさんある路地裏は本当大好物!

IMG_9250a

このテクスチャたまんね。って自己満でごめんねー。

この路地を通っている時に、何回も鼻をくすぐったのが、
ジャスミンの花。もう咲き初めてるんかーーーー♡

IMG_9247a

夜でもプンプンしてきます。
うちには中国ジャスミンがあって、先日見てみたら、
蕾ついてきていました。

中国ジャスミンだと、ジャスミン茶にできると聞いて、
食いしん坊のわいは中国ジャスミンにしたのですが、
このピンクの方も香りがいいので、やっぱり欲しいなーーーー。

IMG_924a8

色んなところに出ています。
メルボルンにはよくあるお花なので、この時期になると、
いい香りが充満です。

一度、友達の家のトイレにジャスミンの生花が置いてありましたが、
香りが強すぎて、ちょっとくらくらしたほど。 それぐらい芳香が強いです。

IMG_924a9

この盛りっとしたジャスミンの斜め向こうの家のローラードア、
ガレージの巻き上げ式のシャッターが壊れて、地面に落ちていて、
そのまま放置プレイをされていた家の中が丸見えだったのですが、
お兄さんがパンいちでコーヒーを飲んでて、思いっきり目があったので、 
こちらが恥ずかしくなりました。

(ちゃんと直しぃーやーぁー。ってか、パンいち寒いやん?!)と
心の中でつぶやいておりました。 

コーヒーの香りと、ジャスミンの香り、すごくメルボルンだなーーーと
朝からわいの心はすごく満たされたのでした。^^ 
メルボルンがベースの小説を書く時は、この2つの香りがキーワードかも。笑 

 

IMG_8850a

単発でルーのアートクラスがありました。
2日ほど前まで忘れていたほど。笑
せやせや、随分前に予約してたんでしたっけ。あは

子供向けのアートにまつわるお話を聞いた後に、
アートクラスといった構成でした。

若干早く着いたので、ギャラリーを色々見まわりました。
触りそうでヒヤヒヤしながら。でもお店やギャラリー等で、
売り物/物は触ってはいけない。と教えるのもとても大事かな、と思って、
最近積極的に買い物やお店等にも連れて行っています。

全く落ち着いて見れないけど、社会勉強の一環として。
そういう意味では子供用のおもちゃが置いてくれてあるお店って
本当、あーぁーーーー好きよーー♡ありがとうーーーーって思いますね。笑 

「触りたいのなら、お母さんに教えてな。渡してあげるから。」とかれこれ数ヶ月
こんなやり取りをしていますが、ようやく少しずつ「今日はルー、触れへんかった。」と
覚えてきたようです。


IMG_8833a

隣町で開催されていたアートクラスだったので、
白人親子達がほとんどで、かなりのアウェイ感。笑
たかが車で15分ほどですよ?!

って、自分の街が人種の坩堝過ぎて、見事に全く浮かないので、
この久々に身の引き締まる思いというか、あ、私一人違う。感、
たっぷりでした。懐かしかった、なんとなく。( ´_ゝ`)ノ 

アートにまつわるストーリーはロシアのカンディンスキーのお話で、
偶然にもスーと一週間前にそんな話をしていたので、ちょっと嬉しかった。
けど、英語の子供の歌ってメイン物以外、全く知らないので、結構キツイ。
ルーの方が知ってた歌とかあったりして、あぁー、彼女もオージーなんだなーと。
母ちゃん、ちょっとしっぽりだったわ。笑

ちょうど開催中の展示物と、お話の中の登場人物を創造的に
見せていたのもとても印象的でした。

IMG_8837a
 
エキシビションを見たのも本当、めっちゃ久々で、
アートの【ア】の字も覚えていない感じがしましたが、
元々ここのギャラリーはファインアートを上手にキュレーションしていて、
ルーが生まれる前にも何回か来たことがあって、好きなギャラリーです。
こういうテクスチャとか見ると、心踊りました。
あーーやっぱいいわ、アート♡

一度アート熱盛り上がり始めると、湧き出てきます、もっと見たい!感。
NGVのグラハムさん(交通事故にあっても怪我をしない人とはどんなんか?)も見に行きたい。
友達がパトリシアさんの助手でお手伝いしたので、様子を見に行きたいなー。
 
IMG_8846a

こういうキャンバスに乗せられた色々な色、質感。
あぁ心潤いました。

クラスが終わった後に何個か一緒に本日の好きだった絵を
お互いに選んで、記念撮影をしました。

さくっと小2時間ほどのアートクラスでしたが、
わいの方が結構インスパイアされてたりして、笑
やっぱり育児ならぬ、育自の所以かな、と。

先週末は初めて映画館デビューもしたし、
(ファインディング・ドリー見ました。わい、号泣。笑)
これからこうして色々一緒に行けるところが増えていくのは、
嬉しいことだなーと思いました。ようやくここまで来た感というか。
そんでもって、これで子供が結婚ってやっぱりすごいことなんだろうなーーー。笑
と少しずつ両親の気持ちに寄り添える日々が多々ある今日このごろです。

 

IMG_8325a

ルーも3歳半になってきて、絵を描くとようやく顔と足、髪が出現してきました。笑
字も日本語・英語両方とも興味があるみたいで、自分の名前のメインのものは、
大体見分けがつくようになってきて、頻繁に文字を書く真似をしています。

こういう絵がかけるようになってきたんやなーーーーと感慨深く、
アート系の催しにも一緒にもっと参加したいなーーーと思っていたら、
近所にビジュアルアーティストの夫婦が始めたアートクラスが週末に始まりました。
ラッキー!!
 
IMG_8586a

アートは多分年数的、脳みそ的にもスーの方が才能があるので、
わいがヨガに行っている間に父ちゃん担当、的な流れになりました。

初めて行った日は楽器を作ろう、みたいな日だったようで、
「てんとう虫〜〜〜♡」とマラカスを持って帰ってきました。

なかなか。「毎週一回、自分の部屋のコーナーに展示してみよう。」と
わいがキュレーター役に。 


38404070a

















緑の森のバイリンガル 多言語多文化社会での子育て、オーストラリアでの実践
 

毎朝の読書タイム、まだ続いています。
特にこのメルボルン在住の、バイリンガルの言語発達研究で、
博士号を取得された渡辺鉄太さんの本は興味深いものでした。

同時に、日本語を週末に習わす事は必要か。という課題に揺れています。
↑↑の本でよく登場する鉄太さんのお家の娘さんは今ではもう大学生ぐらいの年齢で、
日本語の状態はどんな様子なのか、とても気になります。
 
今、という時点では揺れていて、今後数年ルーが小学校やら
色々行きだすと、ころっと変わっているかもしれません。

ルーが1歳頃の時は、デフォで週末の日本語補習校行くでしょ。と
思っていたけど、最近ふと、それって本当に必要か?と思う事が
ふつふつと湧き上がってくるんです。

世界は広くて、 言語も星の数ほどあります。
文化やアート的な事は日本のものもすごく大事にしたいのだけれど、
日本語については、こちらを基盤に生活していくのに、
必要性は一体どうなのか?と考え始めました。

長年の親戚のようなこちらで知り合った友達達はみんな、
「やらなかったら、ずっとやらないから。」と口をそろえて言い、
3家族中、一人を除いて日本語補習校に通っています。

今の政治家や環境の状況を見ていて、日本で暮らしてみたいか、と聞かれたら、
残念ながらそういう選択肢が浮いてきません。故郷、すなわち自分と
ルーのルーツであることには変わらないけれど、親族を訪問する国、という
感じの方が近くなってきています。

今まではひょっとしたらルーが就職するのに、
日本語が使えたら便利だよね。と思っていたけど、今後の
読めない情勢を否めない感もあります。

しかもあえて日本語でなくても、フランス語、中国語、スペイン語や
アラビア語等が話せた方がもっと有利ではないのか?と思うようにも。

補習校に行かせたから、将来日本語が話せる/書けるようになれば
万々歳ですが、わいが仕事や学校等で出会った5人ほどの日本人&豪州人ハーフ達。
その人達だけで結果は言えないけれど、日本語を敬語等を交えて話せる人はいないし、
書ける人、というのはほぼ皆無。

よって、補習校行かせたから、日本語は大丈夫!とは限らんでしょうし、
その週末の勉強時間をアウトソースすること=やっているから大丈夫という、
安心感を得ている、そんな自己満になっていないか、どうか
自分を見極めなければなりません。

とりあえずひらがな、カタカナ、簡単な漢字ぐらいは家で
一緒に勉強しておいてから、大人になってから、ルーのチョイスで
日本語をやりたいんだったら、勉強する、という選択肢はあるのか?
でもこれがまた、自分達でやる、というのはすごくエネルギーがいることです。

個人的には他にも今注目を浴びだしたプログラミングや、楽器を習ったり、
アート、自立性を持った個人研究や、旅に出たり、自然の中で過ごす時間の方が
大事なんじゃないかな、とも思ったり。なんで?それでそれってどうなってるの?
と思える子供をガイドしながらも、見守るのが親の使命なんじゃないかな。
と今の時点では、そう思っています。

来年は日本に二回ほど連れて帰って、日本の幼稚園にも通ってみて、
日本の文化や習慣等にどっぷり浸ってみて、様子を見てから、ですね。
 
近所にもルーと仲良くしてくれてる同じような年齢の子がいるので、
もう少し日本の文化デーを一緒にお祝いしたりするのもいいのかもしれません。
提案してみるのもいいのかな。
 


↑このページのトップヘ